2018年7月12日木曜日

バンカーショットについて

7月某日

船橋カントリーにて

今日はバンカーショットが上手くいかなかった。

失敗続き。

バンスはじかれトップ。

いい感じで抜けたと思ったけど薄くいつもより飛びすぎ?

こうなると・・バンカーショットかまえてもイメージ沸かない?

綺麗に「スパット」バンスがはじけて抜ける音 残念ながらなかった。

ラウンド後 反省のバンカー練習
船橋カントリーはアプローチ練習エリアと、ここ打ちっぱなしエリア一番奥
にバンカー練習場がありますよ。

バンカーショット、そんなに不得意じゃないんだけど・・・何か違う。

ラウンド後の練習も・・・何か違う。

日によって日替わりで変わりますが原因不明!!!!

船橋専属プロに聞いたら ハンドアップに構えてるのでは?

そうだ・・・それだ。

やっぱり基本セオリー大事だね。

1.「腰を落としハンドダウン構える。」

これをイメージしてなかった。

なめていた 最近バンカーまあまあ良かったから・・・

無意識にハンドアップていうか普通の構えになっていてハンドダウン忘れていた。

どうもバンスが砂の中に入る感じが薄い感じでしたがこれでいいかも???

今日は打つ前からバンカーショットの距離感のイメージが全くなかったけど。

「ハンドダウンで構える」これだけで気持ち悪さがなくなり

イメージ良好(^^♪/・・・いいかも。

プロの一言・・全部吸収できないから自分なりにスルーして無視する内容もあるけど

鋭く前頭葉に突き刺さる言葉でした。

今日の一言
バンカーショットは「ハンドダウンに構える」でした。

是非やってみて再現性増し距離感イメージ出てきますよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿