2018年5月7日月曜日

ゴルフ親父の独りごと

最近の課題

ねじり方、股関節に乗る立ち方など基本を見直しております。

最近思うことは

トップでクラブシャフトが立っていると 慣性モーメントで クラブが寝てきます。

逆もありきで 
トップでクラブが寝ているとシャフトが立って降りてきます。

このクラブの行きたい方向 慣性モーメントをパワーに変えて 最短でクラブを

下ろしたい。

クラブが行きたい方向のパワーのベクトルに逆らわず

右肩口からニュートラルポジションに下ろしてこれるとジャストヒットです。

3番ウッドや4番アイアンなど気持ちよく打ちたいですね。

よくある私の 「負のスパイラル」
クラブが寝て降りてくるのでクラブをより立てて上げようとしてしまうと・・・。

よりクラブは慣性モーメントに基づきヒティングポジションで寝てしまいます。

ダ振りやすくなりこれを回避するため伸び上がりなどするとクラブは開いて

しまい、右にプシュアウト。 それを嫌い手首をこねるとチーピンだ!

結論
トップからクラブフェイスが開いてそのまま重力でクラブが降りてくると

ビジネスゾーンで手が9時ぐらいに降りたときにヘッドが右肩口から立って

降りて来ればGOODなんだけどな・・・?

まあ、それが出来るようになるには股関節周りの動きを意識し
腕や手は無の境地ですかね>^^♪/

長男 
リッキーフアウラーの様なスイングで ドライバー飛距離たまに負けるようなった。
嬉しいような、悲しいような!!

次男 スライスボールで右裏街道が指定席?
トップまでに頭が下がりヒティングで下がった分だけ伸び上がりクラブが開いてスライスボール。
butアプローチとバンカーショットはなぜか 超good?



0 件のコメント:

コメントを投稿