2017年6月5日月曜日

BOOK 「月の裏側」著者:恩田 陸




BOOK




著者: 恩田 陸



幻冬舎文庫




北原白秋の故郷 九州福岡の水郷都市 柳川が舞台の様ですね。

物語は架空の名称 ヤナクラ(箭納倉)が舞台です。

何か不思議なSF小説でありこわーい感じです。

これぞ 恩田陸 ワールドです。

連続で起きる老人の失踪事件。

数日で何もなかった様に戻ってくる。

しかし失踪当時の期間は記憶が全くありません。

事件かそれともー? ホラーか?

読者としても何か異次元の世界に入り込んでいきます。

何か村上春樹ぽい不思議な世界に瞑想していく感じです。

読み終えても不思議なもやもや感がしばらく続きます。

恩田陸作品は思いもよらない展開、ストーリで読みごたえがあります。

この舞台になっている水郷都市柳川には一度行って見たくなりますね。











0 件のコメント:

コメントを投稿